beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手: 佐野日大MF寺田真紘「毎日、一つひとつの練習を大切に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐野日大高MF寺田真紘

 関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。B League5位の佐野日大高(栃木)からはしなやかな動きでボール奪取や攻撃に繋げるなど、存在感を示していたMF寺田真紘が優秀選手を受賞。その松井が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」を振り返って。
「最初の方から勝てない試合が続いて決め切るところで決め切れなくて、そういう苦しい試合が続きました。(最終節は)前半はあまり良くなかったんですけれども、後半から全員で立て直して良かったです」

―自分のパフォーマンスについては?
「自分はあまり入りが良くなくて、セカンドボールを拾えなかったり、ヘディングで競り負けるシーンがある」

―攻守でボールに絡んでいた印象だが、自分の強みは?
「相手のゴールキックからのヘディングとか得意です。展開力というところは最近磨いてきたところなのであるかなと思います」

―佐野日大に進学した理由は?
「偉大な先輩方が選手権ベスト4という記録を残したりして、あとはこの学校に進学してサッカーしたいという思いがありました」

―今度どのような選手になっていきたい?
「最近、守備的なところがあるけれど、攻撃作って自分でもゴールを決められるので増やしていきたい」

―高校3年間の目標は?
「毎日、一つひとつの練習を大切にして、最終的にインターハイ、選手権全部獲れるようにやっていきたいです」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP