beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

負傷者続出のレアル、モドリッチも右足内転筋を痛めて離脱へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFルカ・モドリッチが負傷離脱

 レアル・マドリーは12日、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが検査を受けた結果、右足内転筋の負傷と診断されたことを発表した。

 スペイン『アス』によると、復帰までは2〜3週間程度。モドリッチは9日にアウェーで行われたEURO2020予選第6節のアゼルバイジャン戦(1-1)にキャプテンとして先発フル出場していたが、怪我を負ったのはクラブでのトレーニング中だったという。今季は開幕からリーグ戦2試合に出場していた。

 レアル所属選手の負傷回数は、プレシーズンからこれで『11』となっている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP