beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドライブシュート突き刺した千葉FWクレーベ!! 喜び分かち合った「タカとの絆は深い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWクレーベとFW船山貴之

[9.14 J2第32節 千葉2-1水戸 フクアリ]

 苦しんできたチームを救うことになった。ジェフユナイテッド千葉FWクレーベは2ゴールを奪い、チームに7試合ぶりの白星をもたらした。

 まずは1点のビハインドを背負って迎えた前半39分だった。MF茶島雄介の落としに反応すると、胸トラップでボールを落ち着けて右足を一閃。勢いよく飛び出したボールは凄まじい変化を見せながらゴールネットに突き刺さり、同点となるゴールが生まれた。ドライブシュートがネットを揺らしたことを確認すると、一目散にある場所を目指して走り出す。

 その先にはベンチスタートとなったFW船山貴之が待ち構えており、2人で喜びを分かち合う。「タカとの絆は深い。タカは試合のたびに僕を助けてくれていたので、そのお返しとして、ゴールを決めたら行こうと思っていた」。常に自身のプレーをサポートしてくれる船山への感謝を示す行動だった。

 さらに後半15分には自ら得たPKを沈めて逆転に成功。そのまま逃げ切ったチームは2-1の逆転勝利で7試合ぶりの白星を獲得した。「皆、ベストを出していたけど、なかなか結果につながらなかった。2点取ったことよりも、久しぶりにチームが勝ち点3を取れたことが何よりもうれしい」と喜びを表した。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP