beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

経過観察中だったFC東京DF小川諒也、全治約6~8週の負傷と診断

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF小川諒也が左足関節外側靱帯損傷で全治約6~8週

[故障者情報]

 FC東京は14日、経過観察中だったDF小川諒也がチームドクターの診察を受けた結果、左足関節外側靱帯損傷で全治約6~8週と診断されたことを発表した。

 小川は8月14日の天皇杯3回戦・甲府戦で負傷。今季はここまでJ1リーグ戦19試合に出場し、1得点を記録していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP