beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[9月18日 今日のバースデー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
Japan
MF稲本潤一(相模原、1979)*フィジカルが強く、ボール奪取力が高い元日本代表MF。
GK清水健太(讃岐、1981)*ハイボール処理やシュートストップに優れ、果敢な飛び出しでピンチを防ぐGK。
DF栗原勇蔵(横浜FM、1983)*ジャンプ力とスピードがあり、フィジカルの強さを生かした守備が持ち味。
FW森島康仁(藤枝、1987)*関東リーグ、JFLを経てJリーグに帰ってきたストライカー。愛称は「デカモリシ」。
GK大久保択生(清水、1989)*帝京高出身のGK。ハイボール処理とキャッチングに定評がある。
MF伊藤優汰(富山、1992)*切れ味鋭いドリブルとラストパスの精度に優れたレフティー。
FW河田篤秀(徳島、1992)*新潟シンガポールから「逆輸入」されたストライカー。高い身体能力が武器。
DF韓浩康(秋田、1993)*山形から16年途中に期限付き移籍で加入し、18年から完全移籍。ヘディングに自信を持つDF。
DF西山雄介(鳥取、1994)*山梨学院大から17年に新加入。15年は甲府の特別指定選手だった。
MF柳雄太郎(YS横浜、1995)*明海大から18年に加入。帝京長岡高時代には選手権出場経験を持つ。
DF阿部海大(岡山、1999)*東福岡高から18年に加入した超高校級DF。迫力ある守備が持ち味。

World
MFルイス・ホルトビー(無所属、1990、ドイツ)*2014年からHSVでプレーしていたMF。高いボールコントロール技術と豊富な運動量が持ち味。
MFマックス・マイヤー(クリスタル・パレス、1995、ドイツ)*機動性に優れ、小気味良いドリブルが持ち味。優れた得点感覚も持ち合わせる。
MFクリスティアン・プリシッチ(チェルシー、1998、アメリカ)*17歳でブンデスリーガ、アメリカA代表デビューを果たした俊英。

Former
GKピーター・シルトン(元ノッティンガムほか、1949、イングランド)*20年以上にわたりイングランド代表に君臨した伝説的な守護神。47歳まで現役でプレーした。
DF井原正巳(元横浜FMほか、1967)*日本代表通算122試合に出場した「アジアの壁」。現在は福岡を指揮している。
DFソル・キャンベル(元アーセナルほか、1974、イングランド)*屈強なフィジカルと抜群の読みを武器としたDF。
DF北本久仁衛(神戸、1981)*対人の強さだけでなく、クレバーな守備にも定評のあった神戸のレジェンドDF。

Others
神谷明(声優、1946)
マック赤坂(活動家、1948)
土井隆雄(宇宙飛行士、1954)
うじきつよし(俳優、1957)
中井貴一(俳優、1961)
ランス・アームストロング(自転車レーサー、1971)
大貫亜美(PUFFY:歌手、1973)
大森靖子(シンガーソングライター、1987)
福田彩乃(タレント、1988)
鎌田紘子(モデル、1989)

※ゲキサカ内に名鑑がある選手が対象になります

TOP