beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ソンのまつ毛がオフサイド」「試合の本質を変えてしまう」トッテナム幻の追加点を巡りVARが物議

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定が物議

 レスター・シティトッテナムで、DFセルジュ・オーリエのゴールが取り消された場面について、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を皮肉る声が続々と挙がっている。

 21日に行われたプレミアリーグ第6節で、トッテナムは敵地でレスターと対戦。FWハリー・ケインのゴールで先制したトッテナムだが、後半にレスターに2点を許して、1-2で敗れた。これで早くも今シーズン2敗目を喫している。

 この試合、トッテナムはVARによる微妙な判定に泣かされることに。1点リードで迎えた60分過ぎ、オーリエのシュートがネットを揺らし、トッテナムが追加点をマークしたかに思われた。しかしVARにより、ゴールに繋がる前の場面でDFラインの背後をとったFWソン・フンミンのオフサイドが確認され、ノーゴールに。肩がごくわずかに出ていたためにオフサイドとなったが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督のチームにとって厳しい判定となった。

 これを受け、ソーシャルメディア上では、VARの判定を揶揄するコメントが殺到。ブックメーカーの『Paddy Power』は、「VARはソンのまつ毛がオフサイドという判定を下した」と判定を皮肉った。

 また、元レスターのギャリー・リネカー氏は「レスターが恩恵を受けたが、あのような使われ方はクソだ。試合への利益があるとしても、試合そのものの本質を変えてしまう」とテクノロジーに否定的な見解。さらに、レスターのGKカスパー・シュマイケルの父親であるピーター・シュマイケル氏は「VARはレフェリーの明らかなミスを正すために導入されたのであって、0.5cmのオフサイドを取るためのものではない」と不満を呈した。

 この試合では、前半にMFウィルフレッド・エンディディが押し込んだゴールも直前にFWアジョセ・ペレスにオフサイドがあったとして得点は認められず。なお、今シーズンからVARが導入されたプレミアリーグにとって、1試合に複数のゴールが取り消されたのはこれが初めてとなる。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP