beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

俺なのか!? 徳島DF石井秀典、ハンドの判定に「思うところはあるけど…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島ヴォルティスDF石井秀典

[9.22 J2第33節 千葉1-1徳島 フクアリ]

 手に当たっていなかったように見えた。そして、本人も「手には当たっていないですね」と振り返る。徳島ヴォルティスDF石井秀典は、自身が与えてしまったPKから先制点を献上したことに悔しさを滲ませた。

 0-0で試合が進む中、問題のシーンは前半42分に訪れる。PA内に侵入したMF矢田旭の突破を石井は体を張って防ぐと、PA外でこぼれ球を拾ったFWクレーベが放ったシュートに再び反応。滑り込みながら胸に当ててシュートをブロックしたかと思われたが、榎本一慶主審はハンドの判定を下して千葉にPKが与えられた。納得がいかない石井は「俺なのか!?」と自らを指差してアピールしたが判定は覆ることなく、クレーベがPKを沈めて千葉が先制に成功した。

「もちろん、思うところはある」と試合後に悔しさを滲ませた石井だが、「でも、ハンドと判定されてしまったら、それはひっくり返らない」と続ける。

「今日みたいなことがあって辛い部分もあるが、人が判定していること。選手もミスをするし、審判もミスをすると思うので、その質を上げていくことが大事だと思う」

 後半34分にDF藤田征也の得点で追い付いたチームは、勝ち越すことはできなかったが1-1のドローに持ち込んで勝ち点1を確保した。「チャンスは多く作れているし、得点は取れているので、ゼロで抑える試合を増やさないといけない」と表情を引き締めた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP