beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ビオラ新加入のリベリが豪快ランニングボレー弾! 36歳168日でオールドルーキー記録に

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWフランク・リベリが加入後初ゴール

 フィオレンティーナは21日、セリエA第4節でアタランタと対戦し、2-2でドロー。今夏加入したFWフランク・リベリが初ゴールを挙げた。

 リベリは12年間所属していたバイエルンを昨シーズン限りで退団。今夏から新天地としてイタリアを選択し、フィオレンティーナに加入した。開幕節・ナポリ戦(●3-4)ではベンチスタートとなったが、後半33分に途中出場でセリエAデビュー。第3節・ユベントス戦(△0-0)では先発メンバーに名を連ねた。

 そして迎えた今節では2試合連続の先発入り。すると1-0で迎えた後半21分に待望の得点が生まれる。右サイドをFWフェデリコ・キエーザが走り抜け、PA内に大きくクロス。リベリは必死にPA内まで走り込むと、左足でそのままノートラップランニングボレーを放ち、ゴール右隅に突き刺した。

 データサイト『opta』のツイッター(@OptaPaolo)によると、36歳と168日でゴールを決めたリベリは、セリエA最高齢で初得点を挙げた外国人プレーヤーとなったという。なお、試合はその後アタランタが2得点を挙げ、2-2のドローに終わっている。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

TOP