beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FMはSBコンビで先制点も…仙台、永戸の値千金同点ゴールで引き分けに持ち込む

このエントリーをはてなブックマークに追加

永戸勝也が終盤に同点ゴール

[9.28 J1第27節 仙台1-1横浜FM ユアスタ]

 J1リーグは28日、第27節が各地で行われた。ユアテックスタジアム仙台では14位ベガルタ仙台と3位横浜F・マリノスが対戦し、1-1で引き分けた。

 14日の第26節・札幌戦(3-1)で5試合ぶりの白星を飾った仙台。18日の天皇杯4回戦・長崎戦(1-2)からGKヤクブ・スウォビィクとDFシマオ・マテ、MF松下佳貴を除く8人を入れ替え、FWハモン・ロペスやFW長沢駿らが先発に入った。3連勝中の横浜FMは、MF喜田拓也とDFティーラトンが累積警告により出場停止。代わってMF渡辺皓太とDF高野遼が先発に名を連ねた。

 仙台は前半12分、ロングボールを長沢が頭でつなぎ、PA内でフリーとなっていたハモン・ロペスが右足ボレー。しかし、枠を大きく外してしまい、チャンスを逃した。すると、横浜FMは21分、FWマテウスを追い越してパスを受けた高野がPA左脇からグラウンダーのクロスを供給。これをDF松原健が右足ダイレクトで流し込み、先制に成功した。

 前半終盤にかけて厚みのある攻撃を仕掛けた仙台だが、同点に追いつけないままハーフタイムへ。後半4分、左サイド深くでFKを獲得し、MF永戸勝也が左足で鋭いクロスを供給。シマオ・マテが相手のマークに遭いながらも力強いヘディングシュートを放ったが、惜しくもゴール左へ外れてしまった。 

 早い時間帯に追いつきたい仙台だが、横浜FMの前線からのプレスに苦しみ、思うようにゴールに迫ることができない。21分には、攻守でピッチを走り回ったMF道渕諒平を下げ、FWジャーメイン良を投入。堅い守備からチャンスを伺い、36分に決定機を迎える。ジャーメインが右サイド深くからマイナスのクロスを送り、MF石原崇兆が右足ダイレクトで合わせる。しかし、ゴール右に外れてしまい、1点が遠い。

 それでも仙台の粘り強い姿勢がゴールへとつながる。後半44分、ペナルティーアーク手前でジャーメインの横パスを受けたハモン・ロペスが左足を一閃。これは右ポストを叩いたが、跳ね返りに反応した永戸が左足で流し込み、ついに追いついた。試合はこのまま1-1でタイムアップ。仙台が勝ち点1をもぎ取り、横浜FMは連勝がストップした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第27節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP