beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

前田大然は2戦連発ならずもマリティモは逆転勝ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
[9.28 ポルトガル1部第7節 マリティモ2-1モレイレンセ]

 U-22日本代表FW前田大然の所属するマリティモはホームでモレイレンセと対戦し、2-1で勝利した。マリティモの勝利は3戦ぶり。ホームでは今季初勝利となった。

 前田は5試合連続の先発出場となったが、スコアレスの後半25分に交代。前節今季2点目を決めていた前田だが、2戦連発とはならなかった。そして試合はそのあとで動くことになる。

 まずは後半33分にカウンターからボールを運んだモレイレンセが先制に成功する。しかし同39分にマリティモはFWホドリゴ・ピーニョが自ら獲得したPKを決めて同点。さらに直後の同41分にCKからピーニョが蹴り込んで試合をひっくり返した。

●海外組ガイド
●トルコ・スーパーリーグ2019-20特集
●長友佑都の試合はDAZNで!!“初月無料”独占配信中

TOP