beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

富山県が青森山田で構成の青森県を撃破!セットプレーからの1点を守り切る

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF中村倖成(富山U-18、1年)が決勝点(写真協力=高校サッカー年鑑)

[9.30 国体2回戦 青森県0-1富山県]

 30日、第74回国民体育大会 「いきいき茨城ゆめ国体」サッカー競技の少年男子2回戦が行われた。新浜緑地多目的球技場の第1試合では、青森山田高で構成された青森県と富山県が対戦し、1-0で富山が初戦を突破した。なお、準々決勝は広島県対大分県の勝者と戦う。

 2回戦からの登場となった両県。前半は昨年度の全国高校サッカー選手権王者・青森山田で1年生ながらレギュラーとして活躍するU-16日本代表MF松木玖生(青森山田高1年)が最多4本のシュートを放つなど、青森がゴールに迫ったが、得点を挙げることができなかった。

 3大会ぶり出場の富山は前半シュート0本に終わったが、青森の攻撃を粘り強くしのぐと、後半12分にワンチャンスをモノにする。右サイドでFKを獲得し、MF春木慎之介(富山U-18、1年)が上げたクロスをファーサイドのMF中村倖成(富山U-18、1年)がヘディングシュート。これが決勝点となり、1-0で逃げ切った。


●第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」特集

TOP