beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

興國はプロ内定コンビやプロ注目2年生の中で3年生FW下村が奮闘、決勝点!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半8分、興國高FW下村和暉(3年)が先制PK

[10.5 プリンスリーグ関西第15節 興國高 1-0 大阪桐蔭高 太陽が丘球技場B]

 3年生FW下村和暉が、興國高に貴重な1点をもたらした。前半8分、下村はGK田川知樹のフィードを左サイドで受けると、絶妙なファーストタッチから得意のカットイン。これでPKを獲得すると、「緊張はしたんですけれども、後悔しないように思い切り蹴りました」というPKを豪快に決めて先制点を奪った。

 左サイドを主戦場とする下村はカットインからの右足シュートや縦突破からのクロスが得意。この日、本人は幾度かボールロストしてしまったことを反省していたが、後半にも左サイドからのドリブルで決定機を演出するなど好プレーも多く見せていた。

 プロを目指して興國へ進学。卒業後は関西学生リーグ1部の大学に進む予定だが、同級生のMF田路耀介(3年、金沢内定)と右SB高安孝幸(3年、金沢内定)がプロ入りを果たしているだけに悔しさを抱いている。

 欠けていたのは、試合で1点を決めるだけでなく、2点、3点を決め切る力。大学サッカーでは課題を改善すると同時に、「プレースタイルは変えずに、思い切ったシュートとかスピードを活かしたドリブルとかは通用すると思うのでやっていきたい」と意気込んでいる。

 大学でプロ入りに再挑戦する前に興國の歴史を変える。「選手権では今日みたいに自分が得点して、勝利して、大阪でまだ優勝したことがないので大阪で1位獲って全国でも有名になりたいです」。金沢内定コンビに加え、来年のプロ入りが有力視されている2年生が5人、6人といるチームの中で、3年生アタッカーがその攻撃力でチームを引っ張り、勝利させる。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

TOP