beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

韓国でアフリカ豚コレラ拡大、10月は各代表チームの公開練習キャンセル

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国でアフリカ豚コレラの感染が拡大し、サッカー界も措置

 韓国でアフリカ豚コレラの発生が拡大しているため、8日、韓国サッカー協会(KFA)は10月に各世代の代表チームの公開練習を取りやめることを決定した。

 KFAは「アフリカ豚コレラの感染拡大を防止するため、10月は各年代代表の公開練習を開催しない」と発表した。韓国『スポーツソウル』によると、公開練習は行わず、選手たちは試合に集中することになるようだ。

 パウロ・ベント監督率いるA代表は10日にW杯アジア2次予選のスリランカ戦をホームで行い、15日にアウェーで北朝鮮戦を対戦する。

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP