beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

立正大淞南の3年生たちを全国へ。2年生FW古山兼悟は「強いプレー」にこだわる

このエントリーをはてなブックマークに追加

立正大淞南高期待の2年生FW古山兼悟

 第98回全国高校サッカー選手権の各地区予選がスタートしている。松本山雅FC内定の“逸材パサー”MF山田真夏斗(3年)擁する立正大淞南高は、10月25日の島根県予選初戦で吉賀高と対戦。今年、12年ぶりにインターハイ出場を逃したチームにとっては復権、そして目標とする全国4強超えのためにも絶対に負けられない大会だ。期待の2年生FW古山兼悟は怪我による長期離脱から夏前に復帰。インターハイ予選を欠場したFWが、選手権予選への意気込みなどについて語った。

―6月に復帰して、現在の自分のパフォーマンスについては?
「怪我する前に比べて自分の動き的には落ちたなというのがあるんですけれども、怪我している間にずっと筋トレをしていたので、そこの強さというのはちょっと上がってきたなと思います」

―自分の強みは?
「ゴール前でボールが来たら強引にシュートまで持っていくところですね」

―得点力にも自信がある。
「もっと身体が動かないと話にならないと思っている。ドリブルのスピードとかはないんですけれどもシュートに繋げるのが得意ですね」

―立正大淞南に進学した理由は?
「まず(IRIS生野 SOCCER SCHOOL)OBの人たちが結構来ていて、強いというのは聞いていて、コーチも淞南卒の人がいて、指導者とかもみんな良い人やと言っていたので」

―立正大淞南で伸びたと感じる部分はある?
「『FWの選手は貪欲にゴールを狙え』ということで、シュートの打ち方やったり、色々と教えてもらいました」

―今後、どのようなFWになりたい?
「(大学の総理大臣杯を見て)大阪体育大学の林大地選手。全部ボールが収まって自分でゴールまで持っていけて、上も勝てて守備もできていた。去年も林大地選手を見て凄いなと思いました」

―自分がもっとやらないといけない部分は?
「どこに来ても、顔に当ててでもボールを収めるところから始めたい。前で収めることができたら、中盤ら辺の選手は良い選手がいっぱいいるので、まず試合に出たらボールを収めることを意識しています」

―先輩の山田がプロになったことで意識も変わったのでは?
「凄いこと。(山田)真夏斗君のパスからというシーンが復帰してからまだあんまりないので、もっとそういうシーンを増やしていきたい」

―予想していないところからボールが出てくるイメージがあるけれど。
「まだ僕も反応できないです(微笑)」

―選手権はどのような思いで臨む?
「とりあえずはメンバー入り、ベンチ入りというところで途中交代でもなんでも良いので、もし自分が出たなら、ば3年生を選手権に連れて行って上げられるような強いプレーをしたいです」

―自分にとって選手権とは?
「小学校の時からテレビで見ていて憧れです」

―立正大淞南のエース番号『17番』へのこだわりはある?
「それは、17番しかつけたくないです。(ただし、)まずは動けるところからやっていかないと全く動けていないので上げていきたい」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP