beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ルーニー妻のプライベートをリークしたのは…疑惑の元イングランド代表FW妻は法的措置を検討

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェイン・ルーニーの妻、コリーンさんのプライベートをリークしたのは…

 プライベート情報のリークを巡って、元イングランド代表FWの妻同士による騒動が勃発した。

 元マンチェスター・ユナイテッドで、現在メジャーリーグ・サッカー(MLS)のD.C.ユナイテッドに所属するFWウェイン・ルーニーの妻、コリーンさんは、イギリス『サン』に『インスタグラム』のアカウントがリークされ、数年間にわたり、プライベートの投稿やストーリーズなどが流出する事態が起きていたようだ。

 これを受け、タブロイド紙にリークした犯人捜しを開始したコリーンさんは、1つのアカウントを除いてすべてをブロック。そして、メキシコでのジェンダーセレクションやテレビ業界への復帰、新居の地下が洪水になったことなど偽りの情報を投稿するという作戦に出る。

 そして9日、コリーンさんは自身の『ツイッター』でタブロイド紙に情報をリークしたであろうアカウントが誰のものであるか発覚したことを発表。これによると、「友人や家族の多くの情報を許可なく流したのは、レベッカ・バーディのアカウントだった」とレスター・シティのFWジェイミー・バーディの妻が犯人だったと明かした。

 一方で、突然犯人扱いされたレベッカさんは、自身の『インスタグラム』で身の潔白を主張。「あなたのことを誰にも話していない。私が犯人だと思うのならまず私に教えてほしかった」と綴り、アカウントが乗っ取られたことを示唆しつつ、怒りをあらわにした。

「こんなことをして面白くもないし、そこまでしてお金を必要としていない。あなたのストーリーズを売って何の得があるの?私はコリーン、あなたのことが大好き。でも、このようなやり方を取ったことに憤りを感じる。特に妊婦である時に。本当に不快。こんなことをする前に私に電話すべきだった」

 なお、レベッカさんは今後、法的措置を取る可能性を示している。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP