beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田圭佑率いるカンボジアが大敗…海外メディア「国際サッカー史上最悪の敗北」

このエントリーをはてなブックマークに追加

本田圭佑率いるカンボジアは14発大敗

 10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のグループリーグ第2節が各地で開催された。

 MF本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジア代表は、最新FIFAランキングでアジア最上位の23位イラン代表と対戦し、0-14で大敗した。

 『フォックス・スポーツ』のアジア版によれば、カンボジアにとって史上最悪の敗戦。これまでは1995年のインドネシア戦での0-10がワースト記録だった。同メディアはこの敗戦を「国際サッカー史上最悪の敗北」と報じた。

 なお、2連勝としたイランは、1979年のイスラム革命後、女性のサッカー観戦を不健全な行為として原則的に禁じていたが、この試合から女性のスタジアム入場を許可。14ゴール完勝で歴史的一戦に華を添えた。

 柏レイソルやアルビレックス新潟、ヴァンフォーレ甲府を率いた吉田達磨氏が監督を務めるシンガポール代表は、サウジアラビア代表と対戦。ここまで1勝1分と無敗だったが、0-3で完封負けを喫し、今大会初黒星を喫した。

 元日本代表監督の西野朗氏が指揮を執るタイ代表は、この日コンゴ共和国と国際親善試合を行い、1-1で引き分けている。

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP