beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田が惨敗後に選手へ向けスピーチ「結果に失望しないで。失望するなら…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カンボジア代表を率いるMF本田圭佑

 カンボジア代表の実質的な監督を務めるMF本田圭佑が10日に行われたカタールW杯アジア2次予選のイラン戦(●0-14)後、選手たちにスピーチを行っていたようだ。有料メルマガ『CHANGE THE WORLD』でその一部が公開されている。

 本田率いるFIFAランク169位のカンボジアは10日、同23位でアジア最上位のイラン代表とアウェーで対戦。計14ゴールを許し、同国史上最多失点での惨敗となった。

 試合後、本田は「誤解しないでほしいのは、4-0、5-0で抑える選択肢を選ぶこともできた。だけど、それでは何もならない。将来のためにならない。 だから、14点を失ったが自分たちの現在地を知るためにはよかった」と前向きに話し、「プレイするときどのようにミスをするのかを知れたし、シチュエーションによってはそれぞれ少し自信があることもわかった」と収穫を手にできたことを伝えている。

 続けて「でも、サッカーは90分たたかわないといけない。 前にも言ったようにプロフェッショナルであれ。 イランはカンボジアより大きく強い。 カンボジアのリーグより強いリーグで戦っている。 どうすればそこに近づけるのか。 答えはプロフェッショナルであること」と、選手たちにさらなる意識改革を求めた。

 そして「この試合を忘れないで。その気持ちがきみたちを強くする。この気持ちを強く持ち続けたものが成功する」と語りかけた本田は、自身の経験を踏まえて「悪い結果がでたとき、この経験が自分を強くするといつも自分に言い聞かせている。 それが今日だ」と言及。「結果に失望しないで。失望するとしたら、なぜボールを失ってしまったのかに失望するべき」と強調した。

 カンボジアは2次予選第3節を終え、勝ち点1(1分2敗)でグループC最下位。次節は15日に開催され、ホームでイラク代表と対決する。

※有料メルマガ『CHANGE THE WORLD』(https://www.mag2.com/m/0001678906.html)のコメントは許可を得た部分を使用しています。

●海外組ガイド
●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP