beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する選手権予選注目の11傑vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

森田氏が注目するFW阿部要門(尚志高)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは熱戦展開中の第98回全国高校サッカー選手権都道府県予選の注目選手を大特集。「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田将義氏「高体連の注目選手の進路が続々と決定し、プロや大学のスカウトはすでに来年を見据えて下級生のチェックに移行しています。Jで活躍する選手の多くも下級生のうちから活躍がほとんどで、2年生で活躍し、多くの人に見て貰えるかが大きく左右します。今回は来年以降に飛躍を遂げて欲しい選手11人をセレクト。他にない特徴を持った選手ばかりなので、今予選で持ち味を存分に出し切り、大勢の人を沸かせて欲しいです」

以下、森田氏が推薦する11人
GK梶原駿哉(長崎総合科学大附高2年)
「186cmの高身長を活かしたハイボールの強さが光る守護神。今年5月にはレギュラーに定着するよりも前にU-16代表候補に選出されたようにポテンシャルの高さが目を光る。世代トップクラスの選手と触れ合い、『自分の課題と長所が分かった』のは収獲で今後の成長が期待される」

DF佐藤綸珠(柳ヶ浦高2年)
「昨年まではボランチを務めたが、自陣からの組み立てを重視する今年に入ってからは3バックの中央でプレー。『守備は頭を使うので大変』と苦笑いしつつも、視野の広さと精度の高い左足を駆使した縦パスとサイドチェンジで、最終ラインからゲームを組み立てる」

DF野崎陽登(草津東高2年)
「左足でのロングフィードと189cmの高さを備えた希少価値の高いCB。昨年は気持ちの弱さが課題となり持ち味を出し切れない試合も多かったが、今年は先輩CBの負傷もあり、出場機会が増加。『試合を重ねるごとに気持ちが入って、パフォーマンスが良くなっていると思う』と手応えを口にする」

DF鈴木登偉(藤枝東高2年)
「名門校で1年目からピッチに立つ実力は伊達ではない。『ジョルディ・アルバのように激しい上下動を繰り返せる選手になりたい』と話す左SBで、堅実な守備からタイミングよくライン際を駆け上がり、ビッグチャンスを生み出す」

MF吉永陸人(比叡山高2年)
「全国的には無名と言える選手だが、林孝紀監督が『3手先まで読める選手』と評する頭脳的な動きで他との違いを見せるボランチだ。人生初の全国大会となった先日の国体では、自信を覗かせる球種が豊富なキックでゲームを作り、苦戦を強いられた滋賀県選抜の中で奮闘を続けた」

MF津田向陽(久御山高2年)
「技巧派のタレントを数多く輩出してきた久御山高の最新作。バルセロナのフレンキー・デ・ヨングに憧れる181cmのMFで中盤の底で相手をいなしながら、長短のパスを使い分けて攻撃を組み立てる。機を見て放つミドルシュートも持ち味の一つ」

MFブワニカ啓太(修徳高2年)
「本格的にサッカーに取り組み始めたのは今年が5年目だが、185cmの高さを活かした競り合いとリーチの長さを活かしたスケールの大きなプレーは魅力十分。中学時代に掛け持ちしていた駅伝の練習で鍛えた運動量の多さも武器で、中盤を精力的に動き回り、攻守に顔を出す」

MF野田康祐(北陸高2年)
「守備センスと展開力に長けた左利きのボランチ。松本吉英監督も一目置く程の努力家で、自主練で右足を徹底的に磨いたおかげで両足を巧みに操れるようになり、プレーの幅が広がった。丸岡高の牙城を崩し、全国行きを掴めるかは彼の働きにかかっていると言っても過言ではない」

MF山本隼大(名古屋高2年)
「ブラジル代表のネイマールに憧れる愛知県屈指のサイドアタッカー。相手と駆け引きしながら急加速して相手DFを置き去りにし、左サイドから決定機を作る。今年は国体で自身初の全国大会を経験。『名古屋高でも選手権に出れば多くの人にプレーを見て貰える』と二度目の全国も狙う」

FW高瀬太聖(今治東中等教育学校2年)
「『四国で一番速い』との声もある快足ストライカー。スペースへの飛び出しからゴールに突き進むのが彼の真骨頂で今季はここまでプリンスリーグ四国で10得点をマーク。アシスト数でもリーグの上位に絡む通り、攻撃の核として違いを見せている」

FW阿部要門(尚志高2年)
「仲村浩二監督が『代表などで染野(唯月)が抜けても良いチームを作るのが我々の目標』と口にする今年の尚志で染野に劣らぬ存在感を放つ大型CF。体格の良さを活かしたボールキープとスペースへの飛び出しを繰り返し、攻撃の起点として機能する」

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。

●【特設】高校選手権2019

TOP