beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

北朝鮮の“セルフ無観客”試合にFIFA会長「失望した」韓国紙も批判

このエントリーをはてなブックマークに追加

29年ぶりに平壌開催となった北朝鮮-韓国戦は無観客で行われた

 カタールW杯アジア2次予選が15日、平壌で行われ、北朝鮮代表と韓国代表は0ー0で引き分けた。韓国紙『スポーツ・ソウル』は北朝鮮側が非協力的だったと非難している。

 29年ぶりに平壌開催となった試合は韓国国内で生中継が禁止され、観客も取材陣もシャットアウトされた。異様なムードの中で試合を観戦した国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は「歴史的な試合が満員の観客でに埋まることを期待したが、観客が1人もいなくて失望した」と無観客試合を嘆き、「メディアの言論の自由は最も重要な問題」と批判した。

 試合内容はベールに包まれ、記事では「セルフ無観客試合」「希代の試合が終わったが、まだ謎は解けていない」と糾弾。インファンティーノ会長をはじめとした両国のサッカー協会の関係者が試合を見守ったとみられ、アジアサッカー連盟(AFC)のマッチレポートには観客100人と記録された。同メディアは「北朝鮮サッカー協会は何の説明もしていない」と訴えている。

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP