beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“スーパーシード”で千葉準決勝から登場の市立船橋。CB鷹啄トラビスは周囲を納得させる結果、成長を誓う

このエントリーをはてなブックマークに追加

選手権予選は千葉準決勝から登場する市立船橋高。CB鷹啄トラビスは必勝を誓った

 第98回全国高校サッカー選手権の各地区予選がスタートしている。湘南内定DF畑大雅(3年)と清水内定MF鈴木唯人(3年)擁する市立船橋高(千葉)は、畑がU-17ワールドカップに出場する関係で11月27日の千葉県予選準決勝が初戦。プレミアリーグEASTで連勝を飾るなど状態上向きな名門が、難しい日程を乗り越えて3年ぶりの全国大会出場を果たす。

 CB鷹啄トラビス(3年)は185cmの高さと守備範囲の広さが特長の大型DF。セットプレーからのヘディングシュートはチームの得点源の一つになっている。課題を一つ一つ改善しながら結果に繋げてきている鷹啄が、選手権予選への意気込みなどを語った。

―なかなか結果の出ない時期が続いた。
「内容としては良い試合の運び方とかできていると思うんですけれども、やられ方が防げる失点が多いので、そういうところで防げば試合の流れも変わってくるんですけれども、まだ甘さが出ている。そこをもっと整理して厳しさを持ってやらないと勝てないかなと思います」

―DFの中心として失点する訳にはいかない。
「チームとしてはゴールカバーの意識が結構強くて、(4失点した)レイソル戦とかも1個目(のシュート)はゴールカバーできているんですけれども、2個目に対してゴールカバーはしているんですけれども逆にこぼれのボールに行けなかったりというのがあるので、もっと積極的に全員が前に行かないといけない」

―(同じDFラインでプレーする)畑がプロ入りして『オレも』という気持ちを持っていると思うが?
「(湘南内定の)畑とか(清水内定の鈴木)唯人とか、チームを引っ張ってくれて、畑とかが代表から帰ってきて(成長するなど)変わっていると感じている。自分も同じサイドを組ませてもらっていて、自分も成長しないと畑を活かせられないなというのがあるので、そういうところでは畑とかとコミュニケーションを取って、『どうして欲しい』とか聞いたりして、改善してできるようにしたいです」

―鷹啄君もこの半年で経験を積んできているが、変化を感じる部分はある?
「3年の最初の方は自分としても軽いプレーがあったり、チームを助けるプレーがなかなかできなかったんですけれども、経験を積むことによって、1対1の対応などで自分としてもコツを掴めたというのがあって、そういうところで少しずつ自信がついて来て、今は結構やれている自信があります」

―あとは細かいところを詰めていくこと。
「そういうところ、『細かいところができない』と常に言われていて、『そこをできればもっと良い選手になれる』と(監督の)波多(秀吾)先生から言われているので、そういうところをもっとやっていかないといけない」

―選手権へ向けて。
「市船がスーパーシードになって(準決勝から登場)、周りは納得していないところも多いと思うんですけれども、今、自分たちは結果で見せるしかないので、『全国出たのは市船で良かった』と思われるようにここから成長した姿を見せられたら良いなと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP