beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FCは“4か月ぶり”黒星…主将・宮吉が2発!京都が上位対決を制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを挙げた宮吉拓実

[10.19 J2第37節 京都3-0横浜FC たけびし]

 J2リーグは19日、第37節を行った。たけびしスタジアム京都では6位京都サンガF.C.と2位横浜FCが対戦。キャプテンのFW宮吉拓実が2ゴールを挙げるなど、京都が3-0で完封勝利した。

 注目の一戦は、開始早々に動いた。前半2分、DF北爪健吾のクリアボールがMF小屋松知哉に当たって、ゴール前のMF仙頭啓矢につながると、DFカルフィン・ヨン・ア・ピンを冷静にかわしてPA内から右足シュート。これがゴール右隅に決まり、幸先よく先制に成功した。

 さらに京都は前半22分、敵陣中央でDF安藤淳の縦パスを受けた仙頭が前に運びながらタイミングよくスルーパスを供給。抜け出したFW宮吉拓実がPA右に進入し、角度はなくなったが右足を振り抜くと、GK南雄太の右を抜けてゴールネットを揺らし、2-0とリードを広げた。

 クラブ記録となる18試合無敗中(12勝6分)の横浜FCは、後半開始から北爪を下げ、FW皆川佑介を投入。攻撃の枚数を増やし、虎視眈々とチャンスを狙う。後半14分、MFレアンドロ・ドミンゲスの右CKからFWイバがドンピシャでヘディングシュートを放つが、GK清水圭介の好セーブに阻まれた。

 横浜FCは後半23分にイバに代えてFW草野侑己を投入。しかし、直後に痛恨の失点を喫してしまう。京都は24分、敵陣中央で小屋松のパスを受けたMFレナン・モッタが宮吉の上がりを待って、タイミングよくスルーパス。PA右から今季復帰のキャプテンが右足シュートを沈め、3-0と試合を決定づけた。

 試合はそのままタイムアップ。京都は3試合ぶり勝利をおさめた。一方、横浜FCは6月15日の第18節・徳島戦(1-2)以来、約4か月ぶりの黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第37節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP