beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

食野亮太郎が今季2点目!“お辞儀パフォ”に弟・壮磨からツッコミも

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を挙げた食野亮太郎がチームメイトとお辞儀パフォ

 ハーツに所属するU-22日本代表FW食野亮太郎が今季2点目を挙げた。

 20日、ハーツはスコティッシュ・プレミアシップ第9節でスティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズと対戦。前半6分、ゴールキックの流れからMFジェイク・マルラニーが放ったシュートはGKに止められたが、PA手前にこぼれたボールを食野が左足ダイレクトボレーで決め、先制点を奪った。

 食野のゴールは、9月14日のマザーウェル戦以来、約1か月ぶり。得点直後には、MFショーン・クレアとお辞儀パフォーマンスを披露した。

 このパフォーマンスに対し、弟のMF食野壮磨(G大阪)が反応。ツイッター(@sum_msn05201077)で「お辞儀が深い」とコメントすると、兄・亮太郎(rytr_msn0618)は「大袈裟が大事やでこっちでは」と返信。弟の壮磨は「ナイスゴール」と祝福していた。

 なお、食野は後半27分に交代。試合は前半39分に追いつかれ、1-1で引き分けた。

●海外組ガイド

TOP