beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

森岡が勝利導く得点ランク2位の今季6点目! 植田フル出場のセルクル・ブルージュ6連敗…三好ベンチ外のアントワープも敗れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF森岡亮太が今季6得点目を記録

[10.20 ベルギー・リーグ第11節 セルクル・ブルージュ0-0シャルルロワ]

 ベルギー・リーグ第11節が20日に行われ、MF森岡亮太の所属する9位シャルルロワはアウェーでDF植田直通所属の最下位セルクル・ブルージュと対戦し、3-0で勝利した。10試合連続スタメンの森岡は前半5分に先制点を挙げ、2試合ぶりとなる今季6得点目を記録。後半25分までプレーし、4戦ぶりの白星に貢献した。植田は2試合連続で先発フル出場。チームは6連敗となっている。

 互いにスタメンで実現した日本人対決。森岡は前半5分、カウンターから前線に走り込むと、追走する植田を振り切ってPA内中央に進入し、FWアリ・ゴリザデのラストパスを引き出す。GKとの1対1から難なく右足で流し込み、先制点を奪った。

 森岡は第9節スタンダール・リエージュ戦(△1-1)以来、2試合ぶりのゴール。得点ランク2位タイとなる今季6ゴール目をマークした。

 シャルルロワは前半32分に再びカウンターからMFマッシモ・ブルーノが決めると、同36分にも速攻からDFモドゥ・ディアニェがネットを揺らし、前半だけで3-0とする。森岡は後半25分に途中交代。その後は得点が生まれなかったものの、セルクル・ブルージュの反撃を抑えて無失点で逃げ切った。

 また、他会場ではGKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、FW伊藤達哉が出場したシントトロイデンが敵地でアンデルレヒトに1-4の敗戦。MF三好康児がベンチ外だったアントワープもアウェーでメヘレンに1-3で敗れた。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP