beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「30点奪うとは思えないが…」モウリーニョ、教え子ラッシュフォードを称賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォード

 前マンチェスター・ユナイテッド指揮官であり、現在イギリス『スカイスポーツ』の解説を務めるジョゼ・モウリーニョ氏が、教え子FWマーカス・ラッシュフォードについて言及した。

 20日に行われたプレミアリーグ第9節で、マンチェスター・Uはリバプールと対戦。本拠地オールド・トラフォードの大声援を受けながら、36分にラッシュフォードのゴールで先制。しかし85分に失点し、1-1のドローで試合を終えた。

 この一戦について解説を務めたモウリーニョ氏は、先制弾のラッシュフォードについて言及。前線中央に構えるストライカーではないが、そのポテンシャルは本物だと賛辞を送った。

「数年前にリバプールに勝った時、私はロメル・ルカクとラッシュフォードを2トップに置いた。彼はターゲットマンではなく、動き回るタイプだ。純粋な9番だとは思わない。もしオーレ(・グンナー・スールシャール監督)が今日のようにプレーさせるのであれば、彼にとって完璧だと思う」

「まだ若いが、経験豊富だ。21歳ながら通常の24、25歳くらいの選手よりも多くの試合をしているだろう。私にとって、彼はポテンシャルを持った素晴らしい選手だ」

「9番として、彼がシーズン30ゴールを奪うとは思えない。ターゲットマンとして良くなるとは思わない。そのように成長するのは、彼にとって難しいことだと思う」

 また、ギャリー・ネビル氏も「彼はまだ若い。ユナイテッドは補強しなければならないが、彼を犠牲にする必要はない」とコメント。ロイ・キーン氏も「イングランド代表でのゴールが自信を与えた。どんなストライカーでもそうだ」と、代表ウィークで得点を挙げられたことが、リバプール戦のパフォーマンスにつながったと語っている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP