beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

退場フォーデンにペップが言及「もっとクレバーに」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFフィル・フォーデンが後半27分に退場

 マンチェスター・シティ(イングランド)のMFフィル・フォーデンが22日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第3節アタランタ(イタリア)戦に先発し、2枚目の警告で退場した。英『ミラー』が伝えている。

 フォーデンは3点目となったFWラヒーム・スターリングのゴールをアシストするなどチャンスに絡んだが、後半37分にレッドカードが提示された。ジョゼップ・グアルディオラ監督は「彼はこれから学んでいくだろう」と言及した。

「彼ならできると私たちはわかっていた。フィルに関しては、重要なのはレッドカードをもらったことではなく、プレーのやり方にあった。最初のイエローをもらった時点で、もっとクレバーにならなければならないね」

 後半31分、後半37分に後方から手を使ってしまい、2枚目の警告で退場処分となったフォーデン。5-1と点差を広げてからのアクシデントだったとはいえ、チームは試合を締める時間帯に数的不利を強いられた。

「この手の状況でもうまくやる術を身に着けなければならない。最初のイエローには注意してほしい。結果は5-1だったが、もし2-1や3-1だったら、違ったものになっていただろう」

 ペップはそう指摘しながらも、「こういう経験が彼の助けになってくれるはずだ」と期待を込めた。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●セリエA2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

TOP