beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

自身3年連続となる全国へ、秋田商CB松野主将「今年は自分が連れて行ったと自信を持って言えるように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

自身3年連続となる選手権出場を目指す秋田商高CB松野真士主将

[10.24 選手権秋田県予選準決勝 秋田商高 2-1 明桜高 ソユスタ]

 今年は自分が名門を全国へ導く。秋田商高のCB松野真士主将(3年)は、1年時からのレギュラー。2年連続で全国のピッチを踏んでいるが、1年時は兄・松野竜士(現富士大)ら2学年上の先輩たち、昨年も1学年上の先輩たちに連れて行ってもらったと感じている。

 それだけに、3年目の選手権への思いは特別だ。「自分たちの代でという思いは強い。今年(結果が出ずに)1年色々なことを言われてきて、それでもこの3年生で勝ち取る選手権は大きなものがあると思っている。今年は自分が連れて行ったと自信を持って言えるように、もう一回明日良い準備をして決勝戦に臨みたいです」と力を込めた。

 この日は前半から強風の中で的確なプレー。DFリーダーは危険の芽をしっかりと摘んでいたが、後半は自分が浮き球の処理を誤ってから、チームのリズムが崩れたと感じている。このシーンではシュートをブロックして事なきを得たものの、試合終盤に失点。さらに決定機を作られるなど、2-0から追いつかれてもおかしくない展開だった。だからこそ、引き締めて決勝に臨む。

「まずここの試合勝ったということで、チームとしては一歩進めたので、そこをプラスに捉えて、決勝戦も風が強い予報があるので、背後への対応や集中力をもう一回作っていかないといけない」。この日の反省を活かして、決勝では同じく昨年から守備を支えるCB田近奈生(3年)やGK山口雄也(3年)らとともに無失点で終えて、名門のリーダーとして自身3年連続となる全国舞台に立つ。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP