beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「笑わせてくれるね…」苦境のエジル、SNSで意味深な投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アーセナルMFメスト・エジルが、自身のSNSで意味深な投稿を行っている。

 今季ウナイ・エメリ監督の下、出場機会が激減しているエジル。公式戦13試合中出場したのは2試合のみで、9試合でベンチ外となっている。本人は「逃げるつもりはない」と残留を強調しているものの、キャリアで最も厳しい時期が続いている。

 先週エメリ監督は「アーセナルにはエジルのクオリティが必要」と31歳MFへの信頼を強調していたが、その後の2試合でもメンバー外に。この決断にサポーターはもちろん、イギリス解説者らから疑問の声が上がっている。

 苦境が続くエジルだが、23日に自身のツイッターを更新。「笑わせてくれるね…」というコメント共に笑顔の写真をアップ。意味深な投稿をしている。なお、これは『The SUN』らが拡散した、エジルとエメリ監督が練習中に口論となっているようにも見える動画に反応したものだとの見方もあるようだ。

 24日のヨーロッパリーグ・ギマランエス戦(3-2)でもメンバーから外れたエジルは、試合前に再びツイッターを更新。アーセナルのレジェンドであるロベール・ピレス氏と一緒に撮った写真とともに、「AFCのレジェンドとトレーニング。いつもお会いできて光栄だ。僕たち2人から、試合の幸運を祈る」と、チームの勝利を願う投稿を行っている。

 なかなかチームの状態が上がらない中で取りざたされるエジルとエメリ監督の関係。冬の退団もささやかれる中、チームの副キャプテンの1人でもある31歳MFの状況には今後も注目だ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP