beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[電動車椅子サッカーアジア最終予選]日本はニュージーランドにドローもW杯切符を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:日本電動車椅子サッカー協会

【電動車椅子サッカーAPOカップ2019】(25日、豪州・シドニー)
 来年、豪州で開かれる電動車椅子サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選を兼ねたアジア太平洋選手権が25日、行われた。

 日本代表は来年のワールドカップ(W杯)出場をかけて、第1戦のニュージーランド戦に挑んだ。引き分け以上でW杯切符を勝ち取ることができた試合でなかなかゴールできず。永岡真理のシュートもゴールバーに当たり、入らない不運もあった。

 後半、ニュージランドBrennan MASSEYと内海恭平が警告累積で退場となり、残り3分間ほどを3対3でのお互いに戦う死闘を何とか引き分けで切り抜け、日本代表は2021年のFIPFA W杯出場権を獲得した。

 また第2戦、W杯開催国の豪州代表戦は0-3と完敗。前日も0-2と完封負けをしており、来年にむけて課題も浮き彫りになった大会となった。

日本 0-0(前半0-0)ニュージーランド
得点者
なし

先発メンバー(前、後半)
[日本代表]
7三上勇輝
10内海恭平
11井上純
17永岡真理
監督近藤公範


オーストラリア 3-0(前半3-0)日本
得点者
[オーストラリア]
Dimitri LIOLIO-DAVIS(前半4分、13分)
Josh MERKAS(前半11分)

先発メンバー(前、後半)
[日本代表]
7三上勇輝
11井上純
17永岡真理
69清水猛留
監督近藤公範

【試合日程】
▼10月23日(水)
オーストラリア U-21 1-7 日本
ニュージーランド 1-3 日本

▼10月24日(木)
オーストラリア 2-0 日本
オーストラリア U-21 0-2 日本

▼10月25日(金)
日本 0-0 ニュージーランド
オーストラリア 0-3 日本

【電動車椅子サッカー日本代表】
浅原康佑 (Red Eagles 兵庫)
石井俊也 (Yokohama Crackers)
井上純  (Red Eagles 兵庫)
内海恭平 (Red Eagles 兵庫)
清水猛留 (Yokohama Crackers)
永岡真理 (Yokohama Crackers)
三上勇輝 (Yokohama Crackers)


(取材協力・日本電動車椅子サッカー協会)

●電動車椅子/障がい者サッカー特集ページ
●日本障がい者サッカー連盟(JIFF)のページはこちら

TOP