beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

冨安健洋の柔軟性に驚きと称賛…“その先”をベルギーメディアが特集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボローニャで活躍する冨安健洋

 夏の移籍市場でシントトロイデンからボローニャに移籍した日本代表DF冨安健洋のその後について、ベルギーメディア『voetbalkrant』が特集記事を展開している。

 記事では冨安について「彼(の主戦場)はもはやセンターバックではなくなった」との見出しで、近況について伝えた。

「この日本人はカナリア(シントトロイデンの愛称)で1年半、公式戦で41試合プレーした。彼はその間、188センチの長身を生かした守備を見せたほか、両足を自在に操る器用な面も見せつけた。得点も1ゴール決めている」

「この夏、彼はボローニャに移籍し、開幕戦から第7節まで、常時右サイドでプレーしている。そのポジションはシントトロイデンでたった一度だけプレーしたポジションだ。彼は日本代表のセンターバックとしても知られるが、所属先ではセンターバックとしてプレーしなくなっている」

 ボローニャ指揮官シニシャ・ミハイロビッチは新加入の日本人DFについて、本職のセンターバックではなく、右サイドバックとして重用している。結果として冨安はセリエAの舞台でスタメンで起用され続け、新たな可能性を示した。

 その柔軟性は代表でも発揮されている。9月5日に行われた日本vsパラグアイで、森保一監督はセンターバックとして冨安をスタメン起用したものの、ハーフタイムで酒井宏樹を下げ、後半から途中出場の植田直通を中央に据え、冨安を右サイドに回すという新たな策を見せた。所属先のボローニャで発揮した冨安のマルチロールぶりが、日本代表にもフィードバックされた形になる。

 また、冨安は1月9日に行われたアジアカップ2019初戦、トルクメニスタン戦ではボランチとしてフル出場をしているだけに、日本代表ではCB、SB、DMFと異なる3つのポジションでプレーしたことに。

 記事では「先日、この日本人は太ももの負傷(モンゴル戦)で戦列を離れることになった。直後に控えていたユベントス戦には出場できず、しばらくピッチに立てないものとみられる」と続け、冨安の現状について詳しく紹介している。

 ベルギーではセンターバックとして評価を高め、ボローニャへとステップアップを果たした冨安健洋。ベルギーメディアからして、イタリアの地でサイドバックとして活躍しているその後の冨安の柔軟性について、少なからず驚きがあるようだ。

●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP