beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

PK失敗の川崎F車屋、歓喜に崩れ落ち涙…「チームメイトに助けられた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

相手のPKを見守るDF車屋紳太郎(左)

[10.26 ルヴァン杯決勝 3-3(PK4-5) 川崎F 埼玉]

 大きな落胆が安堵に変わり、溢れ出る涙を抑えられなかった。延長3-3、PK5-4で川崎フロンターレがルヴァン杯を制覇した歓喜の瞬間。チームメイトがGK新井章太に駆け寄る中、DF車屋紳太郎は膝からピッチに崩れ落ちた。

 3-3で突入したPK戦は両チーム3人目まで成功。車屋は4本目のキッカーを任されたが、「思ったよりふかしてしまった」。左足で放ったシュートはクロスバーを叩き、痛恨のPK失敗。直後は落胆の色を隠せず、悲痛な面持ちで俯いていたが、主将のFW小林悠がすぐに寄り添い、GK新井章太は「大丈夫だ。オレが止めるから」と声を掛けた。

「チームメイトに助けられたし、本当に感謝しています。外した時に声をかけてくれた選手たちもいたし、その言葉というのはすごく励みになった。最後までチームメイトを信じていようと思いました」

 目まぐるしく戦況が変わった壮絶な決勝戦は、最後まで劇的だった。新井はその宣言通り、札幌5、6人目のPKを立て続けにストップし、悲願のルヴァン初戴冠。涙をこぼす背番号7に同僚、スタッフが次々と駆け寄った。総力戦でタイトルをつかみ取り、「本当に助けられました。ホッとしてます」とチームメイトに感謝した。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP