beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鎌田が2試合連続2アシスト!! 長谷部と“強行軍”フル出場も5戦ぶり黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF鎌田大地が2アシストを記録

[10.27 ブンデスリーガ第9節 ボルシアMG4-2フランクフルト]

 ブンデスリーガは27日、第9節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトは敵地でボルシアMGと対戦し、2-4で敗れた。鎌田と長谷部は揃って先発フル出場。鎌田は公式戦2試合連続で2アシストを記録した。

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)から中2日の強行軍となったが、鎌田と長谷部は揃ってスタメンに名を連ね、鎌田は2トップの一角、長谷部はリベロの位置でプレー。フランクフルトは前半のうちに2点を先行されたが、後半反撃に出る。

 後半14分、左サイドからMFフィリプ・コスティッチがクロスを上げ、浮き球のボールに鎌田が反応。巧みなファーストタッチでおさめると、PA内右ゴールライン際からマイナス方向にクロス。ニアサイドのDFダニー・ダ・コスタがダイレクトで押し込んだ。

 1点差に詰め寄ると、鎌田はヘディングシュートを連発。しかし、決定機を逸すると、次の一点を奪ったのもボルシアMGだった。後半30分、FKからMFニコ・エルヴェディにヘディングシュートを押し込まれ、再び2点差に離された。

 フランクフルトは後半34分、左CKのチャンスに鎌田が右足で鋭いクロスを配給。ニアサイドのMFマルティン・ヒンテレッガーの頭につけ、追撃弾をお膳立てした。鎌田は2アシストを記録したが、フラクフルトは後半40にも失点し、2-4で敗戦。リーグ戦は5試合ぶりの黒星を喫した。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP