beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井宏フル出場も…マルセイユはパリSGに大苦戦、イカルディ&ムバッペの4発に沈む

このエントリーをはてなブックマークに追加

守備に奔走するDF酒井宏樹

[10.27 リーグアン第11節 パリSG 4-0 マルセイユ]

 フランス・リーグアンは27日に第11節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは敵地でパリSGと対戦し、0-4で敗戦。酒井は左サイドバックでフル出場した。

 伝統のダービー“ル・クラスィク”に挑んだマルセイユだが、超攻撃的なパリSGの猛威を食らう。パリSGは前半10分、酒井のマークをかわしたMFアンヘル・ディ・マリアがクロスを上げ、ファーサイドのFWマウロ・イカルディが合わせて先制点を挙げる。さらにイカルディは同26分にMFマルコ・ベッラッティのお膳立てから追加点を決めた。

 さらにパリSGの攻撃は続く。前半32分、ディ・マリアのパスに反応したFWキリアン・ムバッペが3点目を決めると、さらにムバッペは同44分にも得点。ダメ押しの4点目で4-0と大きく点差を広げた。

 酒井は守備に奔走も後半17分にイエローカード。マルセイユは終始フランス王者に振り回され、0-4で大敗を喫した。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP