beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仙台育英は注目CB小林主将が左SBでも遜色なくプレー。4-0快勝に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台育英高のDF小林虎太郎主将はこの日、左SBとして勝利に貢献

[10.27 選手権宮城県予選準決勝 仙台育英高 4-0 利府高 ユアスタ]

 仙台育英高はこの日、左SBの先発候補が負傷欠場。そのため、本来はCBの小林虎太郎主将(3年)が左SBに入った。だが、1年時にSBの経験があり、トレーニングからSBの準備もしているという小林は問題なく対応。特に序盤、積極的な攻撃参加、クロスでチームに勢いをもたらしていた。

「結構1年生の時にやっていたりしたので、自分的には(CBでもSBでも)どっちも遜色なくできるので、苦手意識はないです。チームのために走れば、自分のところでリズムをつくることができればチームも乗ってくると思うし、(左SHの)豊倉と良い関係をつくれていたと思います」。CBに入った中川原樹(3年)と杉田輝稲(3年)も高さを発揮するなど無失点に貢献。決勝へ向けて前向きな試合となった。

 小林は昨年度の選手権でCBとして活躍。身長は175cmでCBとしては決して大柄ではないものの、持ち味のスピードなど身体能力の高さを発揮し、在京J2クラブのスカウトからも評価する声があったという。大学進学する予定だが、注目DFは全国大会で活躍して再び評価を上げられるか。

 昨年、先輩たちが支えてくれていたように、自分が仲間たちを支えて全国へ。「自分が育英に来たのも自分たちの代で全国に行くという目標があるので、目標を達成できるようにやっていきたいと思っています」。CBでもSBでも「どっちでも大丈夫」という小林は、どちらのポジションでの出場することになっても、チームを勝たせるために走り、身体を張る。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP