beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「未来があるとは思えない」…アーセナルOBが現キャプテンの行動を批判

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルMFグラニト・ジャカ

 アーセナルのOBである元スコットランド代表のチャーリー・ニコラス氏が、現在キャプテンを務めるMFグラニト・ジャカの行動を批判した。『スカイスポーツ』が伝えている。

 27日のプレミアリーグ第10節クリスタル・パレス戦に先発したジャカ。同16分にFWブカヨ・サカとの交代を告げられると、ホームのサポーターからブーイングが飛ばされる。すると、ジャカは両手を上下に振ってサポーターを煽り、耳に手を当ててさらに挑発。ユニフォームを脱いでロッカールームへと戻って行った。

 この行動について、ニコラス氏は否定的な意見を述べている。

「彼はチームプレーヤーだが、日曜に見せたアクションは容認できない。ジャカは現在キャプテンだが、今後もキャプテンを務められるとは思えないよ。彼の振る舞いはひどかったし、アーセナルで彼の未来があるとは思えない」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP