beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンチェスター・U、140億円で世界最高の10代選手を獲得へ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグクラブからの注目集まるドルトムントFWジェイドン・サンチョ

 マンチェスター・ユナイテッドは、ドルトムントに所属するイングランド代表FWジェイドン・サンチョを獲得する準備ができているようだ。イギリス『ミラー』が伝えた。

 2017年にマンチェスター・シティのユースからドルトムント入りしたサンチョ。徐々に頭角を現すと、昨シーズンにはブンデスリーガでの34試合で12ゴール17アシストという圧巻のスタッツを残し、当時18歳ながらイングランド代表デビューも果たした。

 『Goal』が世界最高のティーンエイジャーを選出する『NxGn』の2019年版でも1位の栄冠に輝いたサンチョに関し、ドルトムントは少なくとも1億ポンド(約140億円)の移籍金を要求するとみられている。しかし、『ミラー』によれば、サンチョの獲得に向けてマンチェスター・Uはこの金額のオファーを提示する準備を進めているとのことだ。

 なお、サンチョに関してはレアル・マドリーも興味を示しているもよう。今年初め、去就に関して、「将来については何も言えない。気にしないようにしている」と話していたサンチョだが、今季もリーグ8試合で3得点6アシストを結果を残しており、今後も移籍の話題が続きそうだ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
●ブンデスリーガ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP