beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]大体大が連覇に王手! 2位・関学大は近大に黒星喫する:後期第5節延期分

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪体育大が優勝に王手

第97回関西学生サッカーリーグ1部


 第97回関西学生サッカーリーグ1部の後期第5節延期分が30、31日に行われた。首位の大阪体育大大阪産業大に6-1で大勝。次節に勝利すれば優勝が決定する。

 大体大が序盤から攻撃力を発揮。前半11分にMF西田恵(4年=関大北陽高/金沢内定)が先制点を挙げると、同29分にはFW林大地(4年=履正社高/鳥栖内定)が2点目を決める。37分には大産大FW中岡想羅(2年=筑陽学園高)に1点を返され、2-1で前半を折り返す。

 後半からも大体大は得点ラッシュを続ける。後半7分には西田のシュートがクロスバーに直撃するも、林が押し込んで3点目。同23分にはDF小川大空(2年=阪南大高)が、34分にはMF野寄和哉(1年=東福岡高)が立て続けにゴールを決めていく。最後にはFWアフラギ・マハディ(4年=清明学院高)がPKでダメ押しの6点目を決めて試合終了。6-1で圧倒的な強さを見せつけ、連覇に王手をかけた。

 2位の関西学院大近畿大と対戦し、1-2で敗戦。前半23分にFW山見大登(2年=大阪学院大高)が先制点を決めるが、後半から近大が反撃に出る。DF川浪龍平(4年=G大阪ユース)が後半31分、44分とそれぞれ右CKから得点を決め、試合をひっくり返した。

 3位のびわこ成蹊スポーツ大大阪経済大に2-0で勝利。前半から12本のシュートを放つなど猛攻を仕掛けると、後半開始早々にFW井上直輝(4年=立正大淞南高)がゴールを決める。さらに後半44分にはFW千川原慎(4年=立正大淞南高)のアシストからMF泉柊椰(1年=神戸U-18)がダメ押しの追加点。びわこ大が再び2位・関学大と同勝ち点に並んだ。

 5位の阪南大京都産業大と対戦。前半12分にFW松原大芽(1年=作陽高)がMF佐藤瑠己安(4年=東京Vユース)のクロスを頭で合わせて先制する。しかし同22分にはMF橋本和征(4年=東福岡高)のお膳立てをFW堤原翼(3年=京都橘高)が決め、1-1の痛み分けに終わった。

結果は以下のとおり

【後期第5節】
(10月30日)
[ヤンマーフィールド長居]
関西学院大 1-2 近畿大
[関]山見大登(23分)
[近]川浪龍平2(76分、89分)

大阪体育大 6-1 大阪産業大
[体]西田恵(11分)、林大地2(29分、52分)、小川大空(68分)、野寄和哉(79分)、アフラギ・マハディ(87分)
[産]中岡想羅(37分)

(10月31日)
[J-GREEN堺・天然芝フィールド]
びわこ成蹊スポーツ大 2-0 大阪経済大
[び]井上直輝(46分)、泉柊椰(88分)

阪南大 1-1 京都産業大
[阪]松原大芽(12分)
[京]堤原翼(22分)

●第97回関西学生リーグ特集

TOP