beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏の昇格に待った!逆転勝利の大宮が暫定2位浮上!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF茨田陽生が古巣から決勝点

[11.2 J2第39節 大宮2-1柏 NACK]

 暫定4位大宮アルディージャがホームに首位柏レイソルを迎えた。先制を許した大宮だったが、前半のうちに2得点を奪い2-1で逆転勝利をおさめた。

 ホームの大宮は、逆転勝利をおさめた前節・琉球戦(○3-2)から最終ラインを一人入れ替え。出場停止明けのDF河面旺成を先発に復帰させると、3-4-2-1の左CBで起用した。

 2連勝中の柏も、先発の変更を1選手にとどめ、ベンチ外となったMF三原雅俊に代わりMF手塚康平が第22節・徳島戦(○2-1)以来となるスタメンを飾っている。
[スタメン&布陣はコチラ]

 チケットは前売りで完売、超満員となったNACK5スタジアム大宮で最初のチャンスをものにしたのは柏だった。3分、自陣でのボールをまわしからDF染谷悠太がDFラインの背後にロングボールを送る。裏をとったMF瀬川祐輔が中央に折り返すと、MFマテウス・サヴィオが右足で合わせてゴールネットを揺らした。

 失点後は柏にボールをまわされる時間が続いていた大宮だが、ボールを回収する回数を増やしていくと、FWフアンマ・デルガドを起点に攻撃を仕掛けていく。しかし、柏のDF染谷悠太とDF山下達也の両センターバックに上手く対応されてしまう。

 柏にボールを前に運ばせない守備を見せて大宮のリズムになっていた前半42分、柏はGK中村航輔までボールを下げると、中村から手塚に預けたところで大宮がMF石川俊輝のプレスでボールを奪う。MF奥抜侃志がドリブルでGK中村までかわすと右足でゴールに蹴り込み、スコアを降り出しに戻す。

 同点から2分後、ファンマが左サイドのスペースに送ると、奥抜が中央にクロス。MFイッペイ・シノヅカがゴールライン際から折り返しとMF茨田陽生が押し込み、大宮が逆転に成功して前半を終えた。

 後半開始と同時に交代枠を2つ切ったネルシーニョ監督。FW江坂任とDF高橋峻希を下げてFWジュニオール・サントスとDF川口尚紀を投入した。

 柏から攻撃の自由を奪う大宮は、攻撃を仕掛けていくも、イッペイ・シノヅカのFKはクロスバーに嫌われ、途中出場のFW富山貴光のミドルシュートはGK中村の好セーブに阻まれてしまった。
 
 後半20分を過ぎたころから敵陣でボールを回す時間を重ねていく柏だが、大宮の守備を崩せずゴールマウスまでシュートを飛ばすことができないまま時計の針は進んでいく。瀬川、DF山下達也のヘディングシュートも枠をとらえることができず、4分のアディショナルタイムでも得点は動かず大宮が2-1で勝ち点3を獲得した。
 
 勝ち点を69にのばした大宮は、暫定2位に浮上。勝利すれば今節にも昇格の可能性があった柏だが、3試合ぶりの黒星となった。

(取材・文 奥山典幸)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第39節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP