beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「絶対に触らせない」長崎総科大附のマンマーカー・MF鶴田が長崎日大のエース封じ

このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎総合科学大附高MF鶴田快聖(中央)は長崎日大高のエースFW山崎光(左)をマンマーク

[11.3 選手権長崎県予選準決勝 長崎日大高 0-3 長崎総合科学大附高 トラスタ]

「とりあえず、自分では10番を絶対に抑えて、あとはみんなに頑張ってもらうというのが今日の目標。(ボールに)触らせてしまったら危険な人物ですし、今まで新人戦、高総体で結構点を決めていると聞いていたので注意をしていました」

 長崎総合科学大附高はこの日、MF鶴田快聖(3年)が長崎日大高のエースFW山崎光主将(3年)をマンツーマンマーク。「絶対に触らせない。(山崎は)指導者のところに行ったりしていたので、どこにでも付いていくというのは意識していました」という鶴田はボールが無い時でも常に山崎の側から離れない。

 山崎は駆け引きを繰り返してマークを外すことにチャレンジ。前半にはシュートを放ち、決定的なラストパスも出している。だが、彼に入ってくるボールのほとんどは鶴田が足に当て、パスが通った際もタッチした瞬間に大きく蹴り出していた。

 鶴田はこれまで鳥栖U-18のU-18日本代表MF松岡大起や九州国際大付のMF森永将斗ら注目選手をマンマーク。県新人戦では出ることができなかったというボランチは、チームにプラスの声をかけることや特長であるフィジカル面、スピードを磨いてチャンスを掴んできた。

 この日は山崎に決定的な仕事をさせずに完封勝利。「やり切れたんですけれども、シュートを打たせてしまった」と反省したMFは、2年前の選手権で活躍したMF嶋中春児のようにマンマーカーとして勝利に貢献することを目指す。

 決勝でも、この日と同じような役割を担う可能性が高い。鶴田は「絶対に触らせずに、相手がイライラするようなプレーをどんどん心掛けて、相手が上手く行かないようにしたい」。自分の役割を全うして全国出場を決める。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP