beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

危険タックルのソン・フンミン、最初はイエローだった? 一発退場に変えた主審が“目撃したもの”

このエントリーをはてなブックマークに追加

一発退場となったFWソン・フンミン

 トッテナムFWソン・フンミンの危険なスライディングタックルに対し、主審はエバートンMFアンドレ・ゴメスの怪我を見てからカードの色を変えたようだ。英『ザ・サン』が伝えている。

 問題のシーンが起きたのは、3日にグディソン・パークで開催されたプレミアリーグ第11節のエバートン対トッテナムだ。後半33分にA・ゴメスが左サイドでドリブルを試みると、後ろから詰め寄ったソン・フンミンがスライディングタックル。A・ゴメスは倒れた勢いのままDFセルジュ・オーリエと交錯し、右足首が思わず目を背けたくなるような方向に曲がってしまった。

 ショックで頭を抱えるソン・フンミンをはじめ両チームの選手たちが大きな動揺を見せ、スタジアム中が騒然とする中、マーティン・アトキンソン主審はソン・フンミンにレッドカードを提示。ただ、A・ゴメスを倒した直後にアトキンソン主審が手にしていたのはイエローカードだった。

 同紙は「アトキンソンは元バルセロナ選手(A・ゴメス)の重症度を見た後、ソン・フンミンを退場させることした」と、A・ゴメスの状況を目の当たりにして判断を変えたとレポートしている。

 なお、アクシデントに見舞われたA・ゴメスはそのまま担架で運び出され、救急車で病院に直行。エバートンの発表によると、右足首の脱臼骨折と診断され、4日に手術を実施する予定となっている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP