beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インハイ出場校の清水桜が丘が敗退…静岡学園などがベスト4入り:静岡

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権静岡県予選は4日、準々決勝の4試合を行った。

 5年ぶりの出場を目指す静岡学園高飛龍高と対戦。DF田邊秀人(2年)とMF浅倉廉(3年)のゴールで2-0と完封勝利をおさめ、準決勝進出を果たした。浜松開誠館高藤枝東高によるプリンスリーグ東海対決は、浜松開誠館が2-0で勝利。富士市立高は袋井高を4-0で下し、初出場へ前進した。

 一方で今夏インターハイ出場校の清水桜が丘高は前半の1点に泣き、常葉大橘高に0-1で敗戦。ベスト8敗退となった。

 なお、準決勝は11月9日に行われる。

[決勝](11月16日)
未定 13:30 未定 [エコパ]

[準決勝](11月9日)
静岡学園高 vs 浜松開誠館高
富士市立高 vs 常葉大橘高

[準々決勝](11月4日)
静岡学園高 2-0 飛龍高
浜松開誠館高 2-0 藤枝東高
富士市立高 4-0 袋井高
常葉大橘高 1-0 清水桜が丘高


●【特設】高校選手権2019

TOP