beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

クロップ、ペップのマネ批判に反論「彼はダイバーじゃない!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユルゲン・クロップ監督が反論

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督の発言に対して反論した。英『ミラー』が伝えている。

 今季もプレミアリーグ優勝争いの大本命とされる首位リバプールと2位シティ。現在、勝ち点6差となっているが、今月10日にアンフィールドで直接対決を迎える。

 この一戦を前に、グアルディオラ監督はチームトップのスコアラーであるセネガル代表FWサディオ・マネについて言及。「ときに彼はダイブをするし、最後の最後で信じられないようなゴールを決めることもある。才能豊かな選手だ」と要注意人物に挙げていた。

 これに対して、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第4節のゲンク戦に向けた記者会見でクロップ監督は「サディオはダイバーじゃない」と反論。

「(2日の)アストン・ビラ戦では、たしかに接触して倒れるシーンがあった。おそらく、あれはPKではなかったが、接触があったのは事実だ。彼はわざと倒れたわけではない。賭けてもいいが、もしシティに同じようなことが起きたらPKを要求するだろう」と怒りを露わにした。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP