beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮U18、ラッキーボーイ山崎の2戦連続延長弾でクラブ最高タイの4強入り

このエントリーをはてなブックマークに追加

延長後半4分、大宮アルディージャU18FW山崎倫が決勝ゴール

[11.4 Jユースカップ準々決勝 清水ユース 0-1 大宮U18 Jスタ]

 Jユースカップ2019の準々決勝2試合が4日、Jヴィレッジスタジアムで行われ、第2試合は、大宮アルディージャU18が延長戦の末に1-0で前回準優勝の清水エスパルスユースを下して準決勝進出を決めた。

 清水は、10月13日に予定していたプレミアリーグEAST第15節の市立船橋高戦が台風19号の影響で延期され、11月2日実施となった(0-1で敗戦)ため、中2日で臨む厳しい日程。勝った大宮の丹野友輔監督は「自分たちにアドバンテージがあったのは、間違いない。延長戦になっても優位に立てると思っていた。ただ、相手がさすがだった。逆の立場だったら、ここまでの接戦に持ち込めなかったかもしれない。すごく力のある相手だった。自分たちも清水さんみたいにタフな選手、チームにならないといけないけど、そういう相手に勝てたことは良かった」と相手の状況に理解を示しつつ、3回戦に続いて2試合連続で延長戦を制した選手の奮闘を称えた。

 試合は、まったくの互角だった。立ち上がりは清水が攻め込んだが、大宮が緩やかなボール保持でペースを奪回。15分に右CKの流れからMF瀬良俊太(3年)がシュートを放った場面をきっかけに攻撃の回数を増やした。

 ところが40分、FW大澤朋也(2年)のパスで抜け出した左MF林勇太朗(3年)が中央へのラストパスを選択した場面で、相手と接触した瀬良が負傷。交代を余儀なくされ、ペースダウンした。後半は、選手交代で左に青島太一(3年)、右に青島健大(2年)を配した清水のサイドアタックが目立った。

 後半も一進一退だった。後半12分、大宮はCB福井啓太(2年)のフィードから右MF山田結斗(2年)がクロスを供給。中央で林が相手をかわして決定機を迎えたが、シュートミスでGKに防がれた。

 10分後には、清水に決定機。FW山崎稜介(3年)がドリブルからラストパスを送りFW千葉寛汰(1年)がシュートを放ったが、大宮のGK久保賢也(3年)が鋭い反応で防いだ。大宮は後半33分に来季トップ昇格のFW高田颯也(3年)を投入し、攻撃を強化。しかし、ともに得点を奪えないまま90分が過ぎ、試合は延長戦に突入した。

 延長前半には、清水の千葉が右サイドからのパスを中央で受けて連続シュートを放つ際どい場面があったが決め切れなかった。反対に、大宮は延長後半の4分にワンチャンスを物にした。セットプレーで前に残っていたCB福井が相手にカットされたボールを奪い返し、ドリブルでカットインすると、投入されたばかりの山崎倫(1年)が抜け出し、ファーサイドへワンタッチで流すシュートを決めた。

 山崎は3回戦のヴィッセル神戸U-18戦に続く、延長弾で勝利に貢献。1年生のラッキーボーイとして存在感を強めているが「個人的な目標は、代表入り。清水の千葉選手は(U-16日本代表に)入っている。負けられないという気持ちでいた」と強い向上心をのぞかせ、さらに活躍を続ける気概を示した。

 清水は来季トップ昇格の川本梨誉(3年)や技巧派MF成岡輝瑠(2年)を代表活動で欠いていたが、大宮も主将のCB村上陽介(3年)が代表活動で不在。高田もコンディション不良でベンチスタート、主軸の瀬良が試合中に負傷。どちらも総力戦だった。

 その中で大宮はMF林や、左DF鈴木大策(2年)らが最後まで走って身体を張って奮闘。林は「前半も後半も自分がチャンスを逃して焦っていたけど、出来ることをやろうと思ってハードワークした。最後は勝ててホッとした。このチームでできるのは、あと1か月ほど。勝てば試合数が増える。ここまで来たら優勝したい」と次戦に意欲を見せた。大宮の4強入りは、現在トップチームで活躍する渡部大輔が得点王に輝いた2007年以来、12年ぶり2度目。クラブの最高成績に並んだ。準決勝では、新たな歴史作りに挑む。

(取材・文 平野貴也)
▼関連リンク
2019Jユースカップ特集ページ

TOP