beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アヤックスに珍事、CB2人が同時退場&PK献上…チェルシーに4-1から追いつかれドロー:CL第4節1日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

2人の退場者を出したアヤックス

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第4節1日目が5日に各地で開催された。

 E組では首位のナポリ(イタリア)がホームでFW南野拓実所属の3位ザルツブルク(オーストリア)と対戦し、1-1の引き分け。スタメン出場の南野は後半16分までプレーした。一方、他会場では昨季王者の2位リバプール(イングランド)がFW伊東純也の所属する最下位ゲンク(ベルギー)を2-1で下し、3連勝で首位に浮上。2トップの一角で先発起用された伊東は後半23分に途中交代した。

 F組首位のバルセロナ(スペイン)は本拠地に最下位スラビア・プラハ(チェコ)を迎え、スコアレスドロー。2位ドルトムント(ドイツ)と3位インテル(イタリア)の一戦は、ホームのドルトムントが3-2で制した。グループ内の順位に変動はなく、前節に続いてバルセロナが首位に立っている。

 G組では首位ライプツィヒ(ドイツ)がアウェーで2位ゼニト(ロシア)に2-0で勝利。3位リヨン(フランス)はホームで最下位ベンフィカ(ポルトガル)を3-1で撃破し、2位に順位を上げている。

 H組の2位チェルシー(イングランド)と首位アヤックス(オランダ)の直接対決は波乱の展開となった。

 アウェーのアヤックスは2つのオウンゴールなどで後半10分までに4-1とリードしていたが、同18分に2失点目。すると同23分、FWタミー・エイブラハムをスライディングで倒したDFダレイ・ブリントのファウルがアドバンテージで流され、一連のプレーからFWカラム・ハドソン・オドイが放ったシュートがPA内のDFヨエル・フェルトマンの左手を直撃する。センターバックのブリントとフェルトマンにはイエローカードが提示され、それぞれ2枚目で退場となった。その後、チェルシーは同26分にMFジョルジーニョがPKを沈めると、3分後にはDFリース・ジェームズが同点ゴール。そのまま9人の相手に対して逆転を狙ったが、4-4のドローに終わった。

 また、3位バレンシア(スペイン)はホームで最下位リール(フランス)に4-1で快勝。H組は首位アヤックス、2位チェルシー、3位バレンシアが勝ち点7で並ぶ結果となった。

以下、試合結果&順位表

第3節
11月5日(火)
[グループE]
リバプール 2-1 ゲンク
ナポリ 1-1 ザルツブルク

[グループF]
バルセロナ 0-0 スラビア・プラハ
ドルトムント 3-2 インテル

[グループG]
ゼニト 0-2 ライプツィヒ
リヨン 3-1 ベンフィカ

[グループH]
チェルシー 4-4 アヤックス
バレンシア 4-1 リール

【順位表】
[グループE]
1.リバプール(9)+3
2.ナポリ(8)+3
3.ザルツブルク(4)+2
4.ゲンク(1)-8

[グループF]
1.バルセロナ(8)+2
2.ドルトムント(7)+1
3.インテル(4)0
4.スラビア・プラハ(2)-3

[グループG]
1.ライプツィヒ(9)+2
2.リヨン(7)+3
3.ゼニト(4)-1
4.ベンフィカ(3)-4

[グループH]
1.アヤックス(7)+5
2.チェルシー(7)+1
3.バレンシア(7)+1
4.リール(1)-7

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

TOP