beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

パリSGとネイマール、契約延長の可能性は?仏メディア「ゼロではないが、現段階で見通し立たず」

このエントリーをはてなブックマークに追加

去就が注目されるFWネイマール

 パリSGがFWネイマールとの契約延長交渉を開始する予定はないようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

 2017年夏にバルセロナから史上最高額の移籍金でパリSGに加入したネイマール。度重なるケガに悩まされるも活躍を残してきた同選手だが、今夏の移籍市場で古巣復帰を熱望し、同クラブからの退団に向けて動き出した。しかし、クラブ間の交渉は合意に至らず、ブラジル代表FWの残留が決まっていた。

 この騒動がきっかけで、昨季途中から行われてきたパリSGとネイマールの契約延長交渉はストップ。さらに、同選手が今夏に示した退団の意思に激怒したパリSGサポーターの心情をクラブは理解しており、また選手側も今季の行く末やチーム内での立ち位置を見極めている最中のようで、現段階で交渉を再開する見通しは立っていないようだ。

 また、再契約を望むも、順調に交渉を進めることができなかったバルセロナに対して、ネイマールは少なからず疑念を抱いている模様。そのため、同メディアは「将来的に契約延長する可能性を完全に排除することはできない」としている。

 一方のバルセロナは、ネイマールの復帰を目指しながら交渉が上手く行かなかったことを、移籍市場終了後に認めている。しかし、来冬の移籍市場で再度獲得に動くことについては否定的な考えを示しており、来夏についても「現段階で未定」とオスカール・グラウCEOは話していた。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP