beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

フィテッセと契約の本田圭佑にスペイン有力紙が驚き「SNSのアピールから契約に至った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン有力紙がMF本田圭佑に驚き

 元日本代表MF本田圭佑はメルボルン・ビクトリーとの契約満了後、無所属の状態が続いていたが、現地時間6日、エールディビジのフィテッセと今季限りの契約を締結。本田はVVVに在籍していた2009年以来となるオランダリーグ復帰を果たしている。

 この動きを受け、スペイン大手メディア『AS』は、フィテッセと契約に至ったここまでの本田の動きに注目し「SNSでアピールしていた日本人が、フィテッセとの契約に至った」との見出しで、驚きをもって伝えている。

 記事では本田について「33歳の日本人アタッカーは、メルボルン・ビクトリーとの契約が切れ、フリーとなっていた。本人がSNSでマンチェスター・ユナイテッドや古巣のミランにリプライを飛ばしてアピールをし、その末フィテッセへ行き着いた」と紹介。本人がこれまで『Twitter』で“求職活動”、”逆オファー”をしていたことから、SNSの発信が契約のきっかけになったと強調している。

「日本代表として本田は98キャップを刻み、37ゴールをマーク。ロシア・ワールドカップを最後に日本代表から引退を表明したが、この選手は日本人として初となる、ワールドカップ3大会連続ゴールを決めている」

 本田は2020年に控えている東京五輪のメンバーに、オーバーエイジとして入ることを希望し、今季の所属先を模索していた。

 結果的にCSKAモスクワ時代の恩師レオニード・スルツキー現フィテッセ監督との縁もあり、約10年ぶりにエールディビジへと出戻りする形になった。欧州メディアの間でも、この話題はSNSを通して契約に至った新たな事例として、スポットを浴びているようだ。

 現時点で東京五輪のオーバーエイジ枠に本田が選ばれるかどうか、不透明な状況にある。五輪参戦に見合う活躍をエールディビジで見せることができるのか、フィテッセでの今後の活躍が期待される。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP