beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ただごとじゃない」フィテッセ主将が本田の加入を歓迎

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィテッセ主将がMF本田圭佑の加入を歓迎

 フィテッセの主将を務めるFWブライアン・リンセンは、MF本田圭佑の加入に満足しているようだ。地元メディア『Omroep Gelderland』がコメントを紹介した。

 オーストラリアのメルボルン・ビクトリーを退団してから5か月間ほど無所属の状況が続いていた現在33歳の本田。だが、先日についにCSKA時代から知るレオニード・スルツキー監督率いるフィテッセへの今季終了までの契約での加入が決定。2008年1月から約2年間VVVでプレーしていた同選手は海外初挑戦の地、オランダへの復帰が決まった。

 そんな本田に対する新チームメイトの期待は大きい。主将リンセンは同メディアでは“トッププレーヤー”として紹介されるベテランについて「試合をコントロールできるのは見て分かるし、一緒にサッカーするにあたって素晴らしい選手」とコメント。さらに「彼はプラスアルファのクオリティーを持つ選手で、もちろん常に歓迎する。ただごとじゃないよ」とも語っている。

 一方、リンセンはブランクが長い新加入への期待を膨らませすぎるのも避けたいようだ。「ただ、彼が加わったからバルセロナに勝てることにはならない」とも語り、「11人対11人には変わりがない」と冷静な一面も覗かせていた。

 なおフィテッセは今季のエールディビジでは先月19日の第10節までは7勝2分1敗と好調が続くも、第11節デンハーグ戦、第12節エメン戦は落とし、8日の第13節ホームのフローニンゲン戦も落とし、リーグ戦3連敗を喫してしまった。

 本田は労働許可証がまだ取得できていないため、オランダでの復帰戦はインターナショナルブレイク後になる見通しのようだが、33歳の日本人MFはフィテッセ巻き返しの原動力となれるのだろうか。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP