beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

要所で強さ発揮した帝京が決勝進出!粘る堀越を突き放して全国王手:東京A

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW山本乾太(3年)が決勝点

[11.9 選手権予選準決勝 堀越1-2帝京 味フィ西]

 カナリア軍団が全国の舞台へ王手をかけた。第98回全国高校サッカー選手権の東京都大会は9日、味の素フィールド西が丘でAブロック準決勝を行い、第2試合は、帝京高が2-1で堀越高を振り切って決勝進出を決めた。16日の決勝戦は國學院久我山高と対戦する。

 3バックの外側にウイングバックを置き、ピッチを広く使ってポゼッションからチャンスを狙う堀越に対し、帝京は中央を締める守備で対抗。サイドでプレスをかけると、素早いアタックにつなげて押し返した。

 帝京は前半7分、相手ゴール前で左MF高橋岳(3年)がロングボールを競ると、こぼれ球を拾ったMF小島匠瑛(3年)のバックパスからMF深澤大輝(3年)がミドルシュート。さらに20分、左サイドで抜け出たFW山本乾太(3年)がクロスを送り、ゴール中央に入り込んだ右MF中瀬拓夢(3年)が頭で合わせ、ゆっくりとファーサイドへ飛んだボールがネットを揺らし、先制点となった。

 アシストした山本は「相手と入れ替わる得意のプレーがうまくいった。クロスは調整でかなりやってきた」と狙いを明かした。前半31分には、逆パターンでチャンス。中瀬が右サイドを押し込み、バックパスを受けた深澤のクロスを山本がシュートを放ち、ゴールを脅かした。
 それでも、堀越は我慢強くパスを回して、じりじりと試合のペースを引き寄せた。前半33分、FW片山信歩(3年)のポストプレーからトップ下の日野翔太(3年)がミドルシュートを飛ばして反撃。帝京は33分に右サイドで突破を図った中瀬が倒されてPKを獲得したが、小島のシュートは堀越GK榎本将之(3年)が左に跳んでファインセーブ。窮地をしのいだ堀越が徐々に勢いに乗っていった。

 後半7分、堀越はボランチの坂本琉維(3年)が右に展開すると、MF堀田五月馬(2年)のクロスのこぼれ球に坂本が詰めてボレーシュート。抑えの効いた力強い弾道でゴールを捉え、同点に追いついた。しかし、勢い付いたところで隙が生まれた。堀越の佐藤実監督は「あの後、停滞させて最後の時間帯で勝負したかった」と話したが、ピンチをしのいで同点ゴールを奪ったチームは、自然と前がかりになった。

 すると後半13分、帝京が左から中央へ入れたボールを深澤が右サイドを向きながら中央前方へ縦パス。右から走り込んだ中瀬が相手と競り合い、こぼれ球を拾った山本がゴールへ押し込み、2-1と再びリードを奪った。

 山本は「拓夢も走って来て、どっちが行くかという感じだったけど、どっちかが決めれば良いと思った。こぼれて来たので、流し込むだけだった。前半は(深澤)大輝がロングシュートを狙って、相手が警戒して来て自分たちのところ(中盤の前方のスペース)が空き始めていたので、後半はそこを突こうと話していた」と手応えを語った。

 堀越は、最後までよくパスをつないで機能的なサッカーを見せたが、主将の坂本が「もっと縦パスを入れたかったけど、締められていて、外回しになったところでプレスを受けた。パスを回させられている感じだった」と悔しがったように、ゴール前でのチャンスが作れないまま時間が過ぎた。帝京は終盤、フィジカルを生かしてコーナー付近で時間を使い、2-1で勝負を押し切った。

 昨年は決勝で涙をのんだ。かつて日本一を経験した母校の帝京を率いる日々威監督は「PKを決めておけば落ち着いて出来たと思うが、そんなに甘くない。奪った後の精度はもっと追究しないとダメだけど、堀越さんがボランチのターンから攻撃を仕掛けようとするところを、何度も戻させて(ボール奪取を高い位置で)狙えたことは評価できる。10年、選手権(の全国大会)には出ていないし、そのうち(監督になってからの)5年間は僕の責任。死に物狂いで準備したい」と就任後初となる全国進出を誓った。

(取材・文 平野貴也)
●【特設】高校選手権2019

TOP