beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なぜ!? 中山雄太が痛恨の見送り…ズウォレはトゥエンテに敗れる、中村敬斗は出番なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

ズウォレDF中山雄太

[11.10 エールディビジ第13節 トゥエンテ2-1ズウォレ]

 オランダ・エールディビジは10日、第13節を開催し、FW中村敬斗が所属するトゥエンテとDF中山雄太とDFファン・ウェルメスケルケン・際が所属するズウォレが対戦し、トゥエンテが2-1の勝利を収めた。

 中山と際が先発出場を果たし、中村がベンチスタートとなった一戦は前半16分にトゥエンテが先制に成功。さらに同25分にはCKの流れからDFジョエル・ラティオーディエールが放ったヘディングシュートのコース上にいた中山が、枠を外れると思ったか、クリアできる位置にいながらもしゃがんで見送ると、ボールはそのままゴールマウスに吸い込まれ、トゥエンテがリードを2点差に広げた。

 2-0とトゥエンテがリードしたまま後半を迎えると、後半16分にCKをFWレザ・グーチャンネジャドがヘディングで叩き込み、ズウォレが1点差に詰め寄る。しかし、その後ズウォレに同点ゴールは生まれず、逃げ切ったトゥエンテが2-1の勝利を収めた。

 中山と際はフル出場を果たし、中村に出場機会は訪れなかった。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

TOP