beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「愛工大名電にはサッカー部もある」ハイプレス支えるFW平井碧、先制ミドル弾炸裂:愛知

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードワークで貢献したFW平井碧(3年)。先制ミドルも炸裂した

[11.9 高校選手権愛知県予選準決勝 中京大中京1-1 PK5-6 愛工大名電 パロ瑞穂]

「名電は卓球、バレー、野球とほかのスポーツが圧倒的に強くて、サッカー部だけが結果を残せなかった。名電にはサッカー部もあるんだぞ、というところを一つ出せたかなと思います」。愛工大名電高に先制点をもたらし、14年ぶりの決勝進出に大きく貢献したFW平井碧(3年)は力強くそう言った。

 名電が掲げるハイプレスの“一の矢”となって前線からプレッシャーをかけ、ハードワークを貫徹した。「誰にも走り負けたくない」というタフな運動量はこのスタイルに不可欠だ。前半は怒涛のハイプレスから猛攻を畳み掛けただけに、後半に入るとチームメイトは次々に足をつった。それでも、平井は100分間のフル出場で攻守を牽引してみせた。

 待望のゴールでも魅せた。前半34分、ロングボールを巧みにおさめた平井はドリブルで持ち上がると、PA右手前の位置で右足を一閃。「ミドルシュートは得意じゃないんですが、ボールを持つ前にGKが寄ってるなと思った」。空いたコースを見極め、豪快ミドルをゴール左隅に突き刺した。

「選手権はずっと夢の舞台でした。めちゃくちゃ気持ち良かったです」。シュート数がチームの好調を示す指標とあって、積極的に打ってリズムを作ろうという意識で狙った。準決勝まではスペースに入る動き、アシストといった形で得点に絡んできたが、これが今大会初ゴール。宮口典久監督も「こういうところで決められる図太さが彼にはあると思う。持ってるんじゃないですかね」と目を細めた。

 延長戦を終え、迎えたPK戦でもプレッシャーに負けず、仕事を果たした。先行の中京大中京は一人目が失敗したが、後攻一番手のキッカーを務め、きっちりと成功。「一番目じゃなきゃ決めれない気がする」と言う頼もしいFWは右足キックでコースを突き、決勝進出への道筋をつくった。

 死闘を制し、16日の決勝の舞台へ。走力で圧倒することはもちろん、平井は決勝でもゴールを狙っていく。理想の選手はブラジル代表MFコウチーニョ(バイエルン)とあって、カットインからファーサイドに突き刺すシュートを武器に持ち、「決勝の舞台で見せていけたら」と気合は十分。

 悲願の選手権初出場まであと一勝。名電サッカー部の名を轟かせ、積み上げてきた自分たちのサッカーを全国で披露する。

(取材・文 佐藤亜希子)
●【特設】高校選手権2019

TOP