beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:今治東中等教育学校(愛媛)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今治東中等教育学校は選手権初出場

第98回全国高校サッカー選手権

今治東中等教育学校(愛媛)

今治東中等教育学校関連ニュース


今治東中等教育学校写真ニュース

▼全国大会日程
2回戦 2-0 山形中央高(山形)
[得点者]高瀨太聖2
3回戦 0-2 静岡学園高(静岡)
■出場回数
初出場
■過去の最高成績
-
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場3回
■監督
谷謙吾
■主将
DF大谷一真(3年)
■今季成績
[総体](県準優勝)
県決勝 0-1 新田高
[リーグ戦]
プリンスリーグ四国3位(9勝4分5敗)
[新人戦](県優勝)
県決勝 2-1(延長)新田高
■予選成績
2回戦 5-0 松山商高
準々決勝 4-0 松山工高
準決勝 4-2 済美高
決勝 1-0 新田高
■都道府県予選決勝布陣&レポート
[4-4-2]
   山中建斗 高瀬太聖
尾上哲史        越智風太
   岡本航汰 本那脩
長井季也        川口留加
   笠原優佑 大谷一真  
     栁原光汰

[レポート] 
 新人戦、インターハイ予選に続き、新田高との決勝戦。今治東は右クロスからFW高瀬太聖(2年)が狙ったシュートや左SB長井季也(3年)のミドルシュートなどでゴールを目指す。対する新田はセットプレーなどからゴールを狙った、互いに無得点のまま迎えた後半28分、今治東は長井の左FKをニアのFW山中建斗(3年)が頭で合わせて決勝点。新田もCB野本空(3年)の直接FKがゴールを脅かしたが、CB大谷一真主将(3年)中心に守った今治東が1-0で勝った。

■準決勝取材記者(森田将義氏)チーム紹介
上位進出の可能性も秘める初出場校
 南宇和高、松山工高を全国大会に導いた谷謙吾監督が就任し、8年目。プリンスリーグ四国にも在籍する注目校が悲願の選手権初出場を掴んだ。チームの武器は相手を見て判断良く攻める攻撃的なサッカーだ。DF大谷一真(3年)らDF陣がMF本那脩(3年)とMF岡本航汰(3年)のダブルボランチを交えながらボールを動かし、ゲームを支配。引いた相手に対しては、MF尾上哲史(3年)とMF越智風太(2年)の両SHとSBの攻撃参加を交えて、サイドから崩す。相手が奪いに来れば、DFの背後を狙い、FW山中建斗(3年)とFW高瀬太聖(2年)が飛び出しからゴールを狙えるのも特徴だ。以前は良いゲームをしながらも勝てない試合も多かったが、インターハイ予選決勝で敗れてからは勝負と得点に対する貪欲さが出てきた。目標とする全国8強の可能性も十分、射程圏内の好チームだ。

編集部+α
 今治市に位置する中高一貫校。選手権予選は13年度、17年度大会の決勝で敗れるなど、実力を評価されながらもなかなか選手権に出場することができなかった。だが、「捲土重来」をテーマに掲げた今年、ついに全国初出場。これは今治市の高校にとっても選手権初出場となる。大谷とMF長井季也(3年)、岡本は17年の地元・愛媛国体で8強入りしている選手たち。高瀬、GK柳原光汰も昨年の国体経験を持つほか、愛媛最優秀選手の山中ら個々の力もある。
■準決勝取材記者(森田将義氏)注目選手
主将は四国屈指のCB
DF大谷一真(3年)
「空中戦で強さを発揮するCB。ルーキーイヤーからスタメンを張る実力者で、今季は豊富な経験を伝えるべく主将としても奮闘する」

愛媛のMVP男
FW山中建斗(3年)
「推進力溢れるドリブルで攻撃を牽引するエース。得点の意欲が増した今予選では全試合でゴールネットを揺らし、大会最優秀選手に選ばれた」

初速で違い生み出す点取り屋
FW高瀬太聖(2年)
「他を圧倒する初速の速さが売りの点取り屋。持ち味であるスペースへの飛び出しとドリブルで相手エリアを抜け出し、歓喜を呼び込む」
■過去の全国大会成績
-
■登録メンバーリスト
1 GK 竹内登士郎(2年)
2 DF 長井季也(3年)
3 MF 本那脩(2年)
4 DF 大谷一真(3年)
5 DF 川口留加(3年)
6 FW 尾上哲史(3年)
7 MF 岡本航汰(3年)
8 FW 山本亮成(3年)
9 FW 高瀨太聖(2年)
10 FW 山中建斗(3年)
11 FW 伊藤吏輝(2年)
12 GK 栁原光汰(2年)
13 FW 長井郁人(3年)
14 MF 馬場優汰(3年)
15 DF 工藤玲央(3年)
16 MF 菅太誠(2年)
17 FW 越智風太(2年)
18 DF 毛利龍心(3年)
19 DF 笠原優佑(3年)
20 DF 藤田陸人(3年)
21 GK 木原凌(2年)
22 FW 十亀良幸(1年)
23 MF 金子拓未(3年)
24 DF 渡部蓮也(3年)
25 MF 兵頭人和(3年)
26 DF 宮川琉希(3年)
27 DF 柳垣厚喜(2年)
28 DF 石川大地(2年)
29 MF 岩市虎太朗(2年)
30 FW 白川虎太郎(1年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

TOP